FC2ブログ

ル・クルーゼとメタボな日々

ル・クルーゼ料理とワインでメタボ促進の日々を送る管理人が、映画の感想、お出かけ記録などいろいろ綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バトルシップ』『ももへの手紙』

4月の晦日は東急レクの優待期限日。
ということで、4ポイント消費に新宿ミラノへ行ってきました。

まずは『バトルシップ』http://battleship-movie.jp/
※音出ます。

ユニバーサル100周年!
ですが、内容はうすっぺらいです、ぺらぺらです。
安心して観ていられます(笑)
字幕なしでもわかる英会話だし。

地球外生命体の乗っている宇宙船が地球にやってきて
環太平洋軍事演習中の米海軍+αと戦うわけです。
浅野忠信がなんで出演しているのか、よくわからないうちに終わります。
もうこういう役どころは渡辺謙一択でいいのでは。
せめて、はっきりと台詞を言える人を出してほしいですね。

『インデペンデンス・デイ』のほうがよくできていたかな。
あれもアメリカっぽすぎる話ですけど。
これが俺たちの本当の独立記念日だ、Yeah!(笑)

続けて、『ももへの手紙』http://momo-letter.jp/を鑑賞。

何が言いたいのかよくわからないけど、
瀬戸内海、街並の描写はきれいでした。
尾道が舞台の『転校生』を思い出しました。
行ってみたくなるような風景。

とてもよく描けているからこそ、キャラデザの残念さが気になります。

けんかしたまま父親が死んだ一人娘とその母が小島で
人生の仕切り直しをするという話です。

そこに妖怪がからんでくるのですが、
この娘、友人を作るとか新居になじもうとかする前に
なぜだか妖怪となじんじゃうんですよね。
そこがもう理解不能。

とはいえ、家族の死を共有してしまうので、ところどころ泣きました。
ストーリーとか出来映えとかは関係なく。
ただ死んだ母を思って泣きました(っていうか、ずっとそんな状況なので)。
だからといって、感動したとか面白かったとかの感想がないんですよねー。

子どもが観たら、何かしら思うところがあるアニメな気がします。
大人向けではないかな。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuratopaz.blog98.fc2.com/tb.php/271-c06a2cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【『バトルシップ』『ももへの手紙』】

4月の晦日は東急レクの優待期限日。ということで、4ポイント消費に新宿ミラノへ行ってきました。まずはp-movie.jp/。※音出ます。ユニバーサル100周年!ですが、内容はうすっぺらいです、ぺらぺらです。安心して観てい軍+αと戦うわけです。浅野忠信がなんで出演している...

  • 2012/05/01(火) 23:55:24 |
  • まとめwoネタ速suru

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。