FC2ブログ

ル・クルーゼとメタボな日々

ル・クルーゼ料理とワインでメタボ促進の日々を送る管理人が、映画の感想、お出かけ記録などいろいろ綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お伊勢参り2日目

2日目は残念ながら朝から雨。
ホテルで朝食バイキングを食べ終え、早めにチェックアウト。

初日は荷物を持ったまま移動してとても疲れたので、
伊勢市駅のコインロッカーへ荷物を預けてからお参り後半スタート。

まずはバスで内宮へ。9時くらいに到着。
まだ、参拝客もまばらな時間です。観光バスもゼロ。
内宮の宇治橋をバス停から見たところ

いよいよ内宮へ。宇治橋を渡って神域に入ります。
内宮の案内板内宮の宇治橋

内宮は右側通行で(外宮は左側通行、なんで違うんだろう?)。
中央は神様が通るので、参拝客は右端を歩くようにします。

境内右手に見える五十鈴川。
川岸まで降りてみましたが、澄んだ水の流れるきれいな川でした。
アマテラスがここを選んだのも納得ですね。
境内から見た五十鈴川

この辺りで後ろから団体客がどっとやってきました。
もうちょっと早い時間のほうが良かったのかも。
もちろん右側とか中央とか関係なくドヤドヤ歩いてきます…。

もう少し先に進むと、左手に御饌殿と神楽殿が。
今年本厄の夫の厄払いのため、御饌を。
後厄まで払ってくれました。御神酒をいただいた器は持ち帰ることができます。
内宮の御饌殿

そして一番奥の石段の上に御正宮が。
写真撮影は石段の下でね。
内宮の御正宮

鳥居の先はもちろん撮影禁止です。
外宮と同様に正式参拝ではもっと先まで入れます。
次回は正式参拝するぞー!

境内の別宮、天照大神の荒御魂を奉る荒祭宮へ。
内宮の荒祭宮

外宮も他の別宮も、普通の状態の神様と荒御魂が奉られてます。
荒御魂ってスーパーサイヤ人状態ってことですよね(笑)

同じく境内にある風日祈宮。
内宮の風日祈宮

帰路にある休憩所でお茶をいただいたのが11時頃。

内宮を後にし、またバスに乗って倭姫宮へ。
徴古館前というバス停で降りました。
バス通りから見た倭姫宮

神宮の場所を探した皇女がヤマトヒメ。
入ったときとは違う鳥居のほうから外に出ると徴古館や美術館の入り口側に出ます。
倭姫宮美術館側の倭姫宮神宮美術館

美術館、農業館、徴古館を観終わったのが14時頃。
お腹がぺこぺこ&足がくたくたに。
美術館は…時間なければ観なくてもいいかも。
徴古館は神宮の歴史がよくわかるし、
御正宮の模型があり、入れなかったところも見えるのでオススメ。
じっくり見て回ると1時間以上はかかります。そして足が疲れるけどね…。

またバスで内宮方面に戻り、おかげ横丁で昼食。
すし久でてこね寿司1,050円と地鶏の串焼き300円をいただきました。
すし久すし久のてこね寿司すし久の鶏串

てこね寿司が予想以上に美味しくてびっくり!
酢飯というよりは茶飯のようなご飯で、ほんのりしょうが味。
上に乗っている漬けが良く合い、ぺろりと完食。
地ビールも頼んでいたので、つまみに串焼きも。大満足でした!

雨が強かったのですが、お土産屋をぶらぶらと。
15時半くらいまでおかげ横丁で過ごしました。

そしてまたバスに乗り、月読宮へ。山田町で降りて徒歩5分くらい。
ここは4つの別宮があり、
ツクヨミとその荒御魂とイザナキ・イザナミが奉られています。
月読宮月読宮とイザナキ・イザナミの宮

月読宮(通路正面・中右)→月読荒御魂宮(右)→
伊佐奈岐宮(中左)→伊佐奈弥宮(左)の順に参拝。

これで今回のお参りは終了。
瀧原宮もお参りしたかったのですが、かなり離れているので時間的に無理。
あと、二見興玉神社にも行きたかったのですが、こちらも遠くて断念。
たぶん初日の新幹線が1時間早ければどちらかには行けたと思います。
でも予約が取れなかったんだよー。

と、お参りは済んだのですが、帰りの電車まではまだ1時間くらいの余裕が。
そこで、またバスで内宮方面に戻り、おかげ横丁へ。

16時半くらいでしたが、お食事処はほとんど閉まってました。
お土産屋さんはまだ開いていたので、地酒を購入し、
すぐまたバスで伊勢市駅へ。

快速みえ号の発車時刻20分前に到着でき、時間的にはバッチリ。
キオスクで紙袋を購入し、お土産をまとめてホームへ。
さようなら、伊勢。そしてまたいつか。

ちなみにキオスクの赤福は売り切れてましたよ。

伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック
伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック中野 晴生

おすすめ平均
stars伊勢神宮のベストガイドブックです。
starsおすすめです
stars初心者には最適です
stars理想的でした!
stars事前学習におすすめ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuratopaz.blog98.fc2.com/tb.php/227-08f3d48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。